無料ブログはココログ

ニュース

2012年9月29日 (土)

しまかぜ

Photo  近畿日本鉄道は28日、大阪、名古屋と三重県の伊勢・志摩を結ぶ新型観光特急「しまかぜ」 を来年3月21日から運行すると発表した。伊勢志摩の晴れやかな空と海をイメージし、車体は青を基調にデザイン。
  また、定員数を従来の特急と比べて約半数の138人に抑える一方、総工費は約1.5倍の37億円をかけて、リゾート路線を意識し、広い座席とくつろげる空間を目指して設計した。

                  毎日新聞 2012年09月28日抜粋

2012年9月28日 (金)

火星に川が流れた跡

 米航空宇宙局(NASA)は27日、8月末に走行を始めた無人火星探査車「キュリオシティ」が、かつて火星の地表を流れていた川が運んだとみられる多数の石を発見したと発表した。

 火星に水があったことを示す痕跡は見つかっているが、川の流れを直接示す証拠が見つかったのは初めて。

 NASAによると、石は、着地したゲール・クレーターの北端と、探査目的地のシャープ山の中間地点で撮影された。

 礫岩の層となって固まっており、石の形が丸みを帯びていることから、長い距離をながれてきたとみられる。

 NASAの科学者は、川の深さは人のくるぶしから腰のあたりまであり、秒速約3フィート(約90センチ)で水が流れていたと推測している。

(2012年9月28日14時14分  読売新聞)

(

)

2012年9月23日 (日)

JR東京駅

 JR東京駅(東京都千代田区)で22日、国の重要文化財の丸の内駅舎をスクリーンに見立てたコンピューター・グラフィックス(CG)の映像ショーに観客が殺到し、イベントが中断されるトラブルがあった。ショーは23日夜もあり、主催のJR東日本は警備を増やすなど予定通りに上映するとしている。

 同社によるとショーは午後7時半に開始。増え続けた観客が駅舎前広場から路上にあふれたため、3回の上映予定を2回で打ち切った。同社は6千人の人出を想定したが、実際は1万人を超えたという。

 駅舎の復元完成を祝い、駅や鉄道の歴史にちなんだCG映像を投影する10分間のショーで、22、23日の午後8時から1日3回の上映を予定。22日は観客の集まりが早く、開演を30分繰り上げていた。

http://video.asahi.com/viewvideo.jspx?Movie=48462269/48462269peevee496604.flv

                                                                                                                    朝日新聞ネットより

2005年4月10日 (日)

ローマ法王死去

       m2390945   s2391485

         大聖堂の弔鐘         祈る少女    

ローマ法王ヨハネ・パウロ2世の死去を知らせるバチカン・サンピエトロ大聖堂の弔鐘。法王は2日午後9時37分(日本時間3日午前4時37分)、バチカンで死去した。84歳だった(2日、バチカン) 【AFP=時事】
ローマ法王ヨハネ・パウロ2世が死去した3日朝、広島市中区の世界平和記念聖堂には、約400人がミサに訪れた。写真は、同記念聖堂のローマ法王ヨハネ・パウロ2世の銅像に手を差し伸べて祈る少女(3日午前) 【時事通信社】

2005年4月 9日 (土)

金環・皆既日食

20050410k0000m040045000p_size5

 日本時間の9日未明から朝にかけて、太平洋上や中南米で金環・皆既日食が観測された。場所によって金環日食が見えたり、皆既日食が見えたりする現象で、1987年以来18年ぶりだ。

 金環日食は、ニュージーランドの南東海上で、日本時間午前3時54分に始まり、パナマ、コロンビア、ベネズエラなどでも観測された。タヒチ島の南2300キロ付近からカリブ海のガラパゴス諸島の北800キロ付近にかけての太平洋上では、皆既日食となった。

 金環日食は、太陽が月の周りから環状にはみ出して見える日食現象。皆既日食では太陽が月にすっぽり隠れる。今回は見る場所から月までの距離のわずかな違いで、月の見かけの大きさが、太陽より大きくなったり小さくなったりし、皆既日食や金環日食が生じた。

次回の金環・皆既日食は2013年に大西洋からアフリカにかけて見られる。